So-net無料ブログ作成

出産後の女性は骨盤に歪み? [産後]

出産後の女性は、骨盤に歪みが生じることが多いでしょう。

妊娠中の女性というのは、一般的にとても体重が増えるものです。

健康的な体重の増加として、臨月までに7~10キロくらい増えるとされています。

この体重の増加が、骨盤の歪みの原因にもなるのです。

短期間に10キロ弱も体重が増えるので、姿勢も悪くなりますし、腰にも負担がかかります。

前に突き出たお腹でバランスを上手に取ろうと思うと、姿勢がどうしても悪くなってしまうでしょう。

そして、出産時には骨盤が広がり、一気に4~5キロの体重が減り、お腹も凹みます。

数か月お腹が出ていた状態だったのに、急にすっきりした体になり、またバランスが変化して崩れることになりますね。

このような妊娠から出産という過程で、骨盤が広がり、さらに、歪むということが起こってしまうわけです。

出産後の骨盤は歪んでいる人がほとんどですので、産後に骨盤の歪みを矯正する体操を行うと、産後太りなどのトラブルも防げるでしょう。

産後はストレスがたまりやすく、運動不足にもなりがちですから、軽い運動はとても良いストレス発散になっていいと思います。

産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート

産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート

  • 作者: 渡辺大地
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/03/14
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。