So-net無料ブログ作成
食の安全 ブログトップ

放射能汚染、めんつゆとチルド麺は大丈夫か [食の安全]

ゆうべも強い余震がありました。
これで原発事故の処理がまた長引くのだろうなあ。
東京都在住なので、都内の空間放射線量と水道水の放射能測定結果のチェックが日課となりました。
昨夜は雨だったのでまた水が汚染されることでしょう。
一体いつまで続くやら…

さて食の安全点検。
今度はめんつゆとチルド麺が気になり調べてみました。

まずめんつゆ。我が家ではミツカンの「旨みだしつゆの素」と「追いがつおつゆ」をよく使います。
これはどちらも栃木工場で作られたものでした。
製造者表示のあとに「T」とあるものは栃木工場なんだそうです。
ううーむ。栃木かあ。大丈夫かしら…

製造日は賞味期限の12ヶ月前。うちにあるものはギリギリ震災前に作られたもののようです。ホッ。

ちなみに製造工場とアルファベットの関係は次のとおり。
これはミツカンのホームページからも確認できます。

<常温流通品>
T:栃木工場、GM:館林工場(群馬県)、HM:半田工場(愛知県)、OM:大阪工場、H:三木工場(兵庫県)、FM:福岡工場
<チルド流通品>
CS:水郷工場(千葉県)、GT:館林工場(群馬県)、AT:中部工場(愛知県)、HY:三木工場(兵庫県)
その他の記号:日本国内の協力会社

次にチルド麺。日清食品チルドの「つけ麺の達人」「横手風焼きそば」についてたずねたところ、どちらも製造所番号はNPY、横浜工場で製造されていました。
製造日は賞味期限の15日前だそうです。

ほかの製造所番号についても教えてほしいと食い下がったのですが
「個々の商品についてお答えいたしますので…」
「数が多いもので…」と答えてもらえませんでした。
ホームページにも情報はないそうです。

ミツカンに比べると日清食品チルドは不親切!
もっと消費者の知る権利に答えてほしいです。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

パンの製造工場を調べてみました [食の安全]



私はパンが好きなのでよく買います。
今年もPasco「リサとガスパールの春トート!」をもらいました。
デザインは去年のほうが可愛くて好きだったな。
でも大きすぎて使いみちがなく、結局買い出し用にと被災地(宮城)の友達に水その他と一緒に送りました。

ここ東京も一時パン不足でしたが、向こうでもパンは貴重品でなかなか買えないんだそうです。

こっちは段々買えるようになってきましたが、やっぱり気になるのは放射性物質。
パンは賞味期限が短いから震災前のものはあり得ないので、問題は製造場所です。
もし水が汚染されていたらと思うと、同じ買うならなるべく遠い場所で作られたパンを買いたいものです。

そこでPascoの敷島製パンに聞いてみたところ。
外袋に記載されている番号で製造工場がわかるんだそうです。

P1=多摩工場(昭島市)
P2=湘南工場(神奈川県高座郡寒川町)
P3=利根工場(千葉県野田市)
P5=埼玉工場(比企郡川島町)
I=愛知工場(犬山市)
K=愛知工場(刈谷市)
H=神戸工場
T=大阪工場(豊中市)
N=奈良工場(大和郡山市)
MS=長野工場(松本市)

うちにあった食パンはP2、湘南工場でした。

我が家の定番です↓
しっとりした人気の食パ...

しっとりした人気の食パ...
価格:198円(税込、送料別)



千葉工場のパンが気になりましたが、敷島製パンのホームページにもあるように、千葉の工場と埼玉工場は被災して生産中止の状態だそうです。

あとは多摩工場がちょっと。。。昭島市は地下水を使っているので、今後注意が必要かなと思っています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

乾燥わかめは安全か? [食の安全]

はやいものでもう4月です。新年度。
マヒロは2年生になります。
クラス替えはありませんが、担任は変わりそう。
どんな先生かな。。。

今年度はアスカも新生活スタートです。
1年後の幼稚園入園めざして、療育施設でのデイケアサービスに通います。
要するに発達に問題のある子が専門士の指導のもとで訓練するということです。
これで言葉が出てくれれば、そして集団生活が送れるようになってくれればいいのですが。

1年間のプログラムの中には室内プール活動もあるそうで、それはちょっと楽しみ。
先月まで通っていた自由活動では人数制限がなかったので混み合ってぶつかることもあったけど、今度は固定メンバーでじっくり指導してくれるそうなので、その点でも安心です。

デイケアサービスに通うことで公的には障害者扱いになってしまったアスカですが、そこでの訓練で普通に幼稚園入園できるようになるとしたら、1年くらい障害者って言われたっていいよ、と思っています。
でも見た目まったく普通の子ですけど。ウルトラ聞き分けのない子だというだけで。

さて原発放射能問題。食品の安全が気になります。
マヒロはわかめのおみそ汁が好きなので作ってやりたいのですが、国産のわかめは全滅らしくスーパーの棚は中国産だらけ。乾燥わかめは残っていますが、それはそれで三陸産ですから放射能が気になります。

そこで「ふえるわかめちゃん」シリーズのリケンに問い合わせてみました。

おなじみのこれです↓

シャキッとおいしいリケン ...

シャキッとおいしいリケン ...
価格:263円(税込、送料別)



要するに震災前に加工した商品ならば放射能の汚染はないわけです。
商品には賞味期限の記載しかないので、そこから何日前が製造日なのかを聞いたところ、360日前だそうです。
うちの近所のスーパーに並んでいるのは大丈夫みたいです。

このシリーズ、三陸産と国内産がありますが、どちらも三陸産のわかめなんだそうです。
以前は国内産に鳴戸のわかめも入れていたそうですが、それが使えなくなったので昨年夏ごろからはすべて三陸産になったということでした。

リケンの人に「放射能が心配で。。。」と言うと、
「震災で工場は全部だめです。作れなくなりました」ということで、賞味期限から逆算するまでもなく震災後の商品は出回っていないそう。
ということは、いまある在庫がなくなったら当分(数年?)ふえるわかめちゃんは食べられないかも。

さて商品がなくならないうちに買っておきますか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
食の安全 ブログトップ